週2回以上更新(目標)
by bakaboushi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
買い物カゴの中の重み
b0035829_015231.jpg

更新を誰かに期待されるのって嬉しいね。そんなわけで久々に更新。

この数日でCDやDVDを結構買った。

買ったものリスト
・smorgas「SMORGASBORD」
・フジファブリック「FABFOX」
・サンボマスター「全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ」
・サンボマスター「新しき日本語ロックを君に語りかける」
・Buffalo Daughter「Pshychic」
・テュンク「TYUNX」
・ART-SCHOOL「BOY'S DON'T CRY」
・bird「極上ハイブリッド」
・NUMBER GIRL「記録映像」
・クラムボン「日比谷野外音楽堂」
・LINKIN PARK「フラットパーティー」
・曽我部恵一「無政府主義的恋愛」
・FISHMANS「若いながらも歴史あり」
・「ハウルの動く城」

当然ながらまだ全然消化しきれていない。
でも見たもの、聞いたものに関しては全部本当に良かった。
スモーガスのアルバムを聞いていたら、
ライブ中に自分の子供のほう向かって歌を歌う来門の姿をなぜか思い出した。
フィッシュマンズのDVDの後にクラムボンのDVD見たら、
フィッシュマンズの「ナイトクルージング」のカバーを演奏していて思わずホロリ。
全部きちんと正座して聴きたいので、明日会社休んでいいですか?

そうそう。
これとは別にipodのiTunesで、
宇多田ヒカルの新譜と、坂本美雨のネバーエンディングストーリーのカバーと、
ZAZEN BOYSのライブ盤を購入。
あれね、
アイチューンズってコンビニでカード買えばクレジットカードとか必要ないのね。
結構便利なのね。超便利な世の中なのね。

でもちょっと思ったのが、
宇多田の新譜が200円。坂本美雨に関しては150円だった。
なんかこれってなんだかなーだよな。
歌が1曲、タバコ1箱よりも安いなんて。
なんかパッケージされてないとはいえ、
全然対価を支払った気分にならない。
だからと言って1枚3000円のCDアルバムが
相応の対価かというとそれもよく分からないのだけれど。
決して安売りしてるわけでもないだろうし、
その額で利益をあげられるならそれでいいんだけど、
なんかもっと、僕個人ではいろいろ受け取ってる気がするのでなんだかなー。
データとしての音楽ってそういう意味でちょっとだけ寂しい。

きっと、「1曲」って言う言葉が指すものが、
歌手の歌っている、バンドの演奏している音の「1曲」ではなくて、
1つのファイルのことを指し示す世界というものができつつある。
そしてそれが音楽を聴く上での常識だと捉える人がもうすぐ生まれる。
音楽をとりまく世界はそっちの方向に大きく流れ込む。
それはいいことでも悪いことでもない。
利便性を求める今の風潮からして自然な流れだ。
きっとそうしなくてはいけない人がいて、
それを賛同する人が多いからそうなるんだろう。
目的が「音楽を聴く」だったらそれで用が足りてしまうわけだし。

でも、僕はもっと、買ってきたCDの
プラチックのケースに入ってる歌詞カードの紙の手触りだとか、
添えられてる写真だとか、スペシャルサンクスの欄に記載されてる
「my family, all my friends and fans」なんて言葉にグッときてしまう。
だから音楽をデータとして扱うことに一抹の寂しさを感じてしまう。
まあ、散々あやかっておきながらこんなことを言うのもなんだけどさ。

でも、こんなことを考えた日は、
無性に友達と一緒にライブに行きたくなるのです。



「愛の力は物理的 きっちり目にも見えるのさ」(真心ブラザーズ「COSMOS」)

いい年こいて僕は、まだこういう言葉を信じていたい。



---



はーい。んじゃ上に書いた文書と全く矛盾すること書きまーす。

ばらだい

↑このサイトの管理人さん、ってかナオキが音楽をmp3で配信してるんだけど、
それがまた素晴らしい。

学生時代にバンドを組んでたらしいんだけど、
今またそのメンバーで音楽をやって
それをインターネットで公開してるんだって。
音楽はもちろんカッコいいし、
自分で書いてるレビュー・紹介する文章も面白い。
でも他に僕が好きなとこがあって、
それは本人たちが楽しんでやってるっていうその「雰囲気」。

昔の(ここ強調しといてやろ、悔しいから)バンドメンバーが再び集って、
また音楽をやるなんて、そんなのうらやまし過ぎる。

新作「Glass Man」は20世紀Ver.と
21世紀Ver.の2種類を聴き比べることができます。
20世紀Ver.の前説からの流れと、
ボーカルにチラッと見え隠れする初期衝動的な攻撃性にゾクゾクする。
そしてよりテクニカルになった21世紀Ver.では
壮大な世界観が広がります。
途中のピアノとドラムのパートからギターが入ってくる所。電気ビリビリ。
(それにしても「竹の子狩り」て)



---



コメントレス

>ちひろ。
ちひろ。っち久しぶりだっちゃ。
久しぶりの下界はどうだい?(天上界にいたのかい?)
最近の電化製品が壊れやすいのは
家電メーカーの陰謀だと思うのです。
何度も買い換えさせようみたいな。
そういう都市伝説的なことを考えてしまうほど、
ipodはあっさりといきました。
ちなみに交換したんだけど、
この前音楽聴きながら自転車こいでたらまた落としました。
これはあの角が面取りしてあるボディのせいだと思います。



>bithoney
中島さんこんにちは。
ipodを洗ってしまうっていう話なんですが、
その場合は純水で洗う必要があります。
少しでもゴミが入ると回路のショートにつながりますから。

そんなわけで、ボルビックとエビアン、
洗うならどっちを使うほうがいいですかね?

(「どっちも純水じゃないよー!」的ツッコミ待ち)

温泉に携帯を入れるとレインボウになるんですね。
僕は昔、緑の布バッグを漂白剤で洗濯したらオレンジになったことがあります。
なんか「ねるねるねるね」みたいで面白い。面白いけど2度と使い物にならなかった。



>jnaoki
日付が1ヶ月前の日記にコメントありがとう。
そしてそのレスが1ヶ月後という有様。
こういうのをスローライフって言うんだよね?ね?

「最近の家電は部品が多いのに小型化されてる。
それはギュウギュウに部品を押し込めてるからだ。」
文系アナログ志向なナオキさんはこうお考えですね?
じゃあ理系デジタル志向な僕がお答えしましょう。

概ね正解です。
でもひとつ付け加えるなら、
「最近のデジタル家電には『ブラックボックス』なる箱が入っている」
ということです。
このブラックボックスは、その名の通り黒い箱です。
中には秘密のパワーストーンが入ってます。
[PR]
by bakaboushi | 2005-11-28 01:42
<< 趣味は仕事です(ウソです)。 ツナサンドなんです。それだけが... >>