週2回以上更新(目標)
by bakaboushi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2004年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
おげひん
はい。どうもこんにちは。

「自宅の自分の机の上を撮影して、それにまつわることをグダグダと話すブログ」

という当初の趣旨を大きく外れたまま
線路の無い荒野を進み続けている「脳内宇宙 on my desk」の時間です。
タイトルがこれまたいい感じに皮肉になってますな。
ぎゅうぎゅう自分で自分の首を絞めてる気分。
まあ、「グダグダ」の部分は変わっていないので、
完全に外れたかというとそうでもないようですよ。

そんなわけで、また今日も大学から更新。

昨日、兄の会社の同僚のみなさんが
我が家のクリスマスパーティーに参加しに来ました。
今年はみなさんの都合があり、1週間ほど早く行われたのです。

クリスマスパーティーと言っても、
西田ひかるのお誕生日会ほど豪勢なものでは無く
(なぜ毎年のようにニュースで取り上げられるんだろうね)、
慎ましやかに鳥肉を貪り食ったりケーキを撒き散らしたり、
部長の頭をドツキ回したりする会でした。

僕は、兄の同僚からすれば「同僚の弟」、
もしくは「なんだかよく分からない機関車トーマス風の貯金箱」なわけで、
比較的おとなしくしておったのですが、
会が進み、そこそこ酒をかっ食らった同僚の女性が
「ゲームしよう、ゲーム」と僕を誘ってきたので、
僕は、「何さ、アタイはそんなに簡単に落とせるような女じゃないわよ!」
などと思って憤慨しつつも、一緒にそのゲームとやらに参加することになりました。

ゲームの内容は、いわゆる「グラグラゲーム」をやり、
ミスをした人が自分の秘密の思い出を話すというなんともアレなものでした。
僕は、人に話せるような楽しい秘密なんか無いと思ったので、
場の空気を壊さないことだけを注意しつつ、ミスをしないように気をつけました。
あと、三田寛子と三田佳子を間違わないようにも気をつけました。

そうしていくうちに、そのゲームは
女性の「うんこ漏らし話」や、男性の「抱きたい同僚」などの
心温まる寓話も公開されつつ、慎ましくも厳かに進んだのですが、
僕は、「そろそろ自分も話したほうがいいのかな」と思い始め、
次の順番でわざと間違おうとしたのですが、
悲しいかな、僕の番になる直前で同僚の一人が酔いすぎで突然ゲロを吐き、
ゲームがお流れになってしまいました。
あと、そのゲロり同僚の前にあったケーキもお流れになってしまいました。
うわーい、イチゴショートがチーズケーキみたいになったー。

そんなわけで、僕は自分の秘密のネタを話すこともなかったのですが、
いくら面白くないとは言え、あの場で話せばいくらか救われたのかなとも思える
過去の記憶をせっかく思い出したのに話せなかった悔しさときたらありません。
それは、電車に駆け込み乗車をしようとしたときに
ドアに甘く挟まれて中に入ったときの自分の取り繕えなさくらいに悔しかったです。

あーあ。
小学生の時に、「ちんちん握って」って
迫ってきた変態のおっさんの話、したかったなあ。

(駄目っすかねこういうの、駄目っすよね)
[PR]
by bakaboushi | 2004-12-20 20:15
どこまで
今回もネットカフェから更新。
てかネットカフェじゃないんだけどね。
詳しくは本家の日記を読んでね。

実はこのネットカフェ、
なんかパソコンの横に変な機械がおいてある。
小銭をその機械のコイン投入口に投げ入れて、
その金額分の時間だけインターネットができるという、
ナイスなシステムのネットカフェなのである。
あったよね、ファミコンが10分50円で出来るゲームセンター。
昔僕の住んでる地元にあった「夢の島」という店がそれだった。
その店、プラモデルの抱き合わせ販売が問題になってつぶれちゃったけど。
「SDガンダムBB戦士」と「ドイツ兵セット」の組み合わせってどうなのよ。
店のポップには「戦争セット」って書いてあったけど。そのへんだけ妙にリアル。

ちなみに僕は今超貧乏で、
ここに来るときに握り締めてた300円しか手持ちがないので、
さっき入れた100円玉が最後の延命処置だったりする。
だからこの文章も最後まで書けないかも知れない。
なのでできるところまで書いておこうと思う。
最後のほう変な終わり方してたら御察しください。

あのさ、このブログって、
所謂「編集後記」的な感じにしたくてはじめたんだよね実は。
別に何も編集してないんだけど。日記も書きっぱなしだし。
だからこの日記も垂れ流しの方向で。

んで、前の文に「『非公開ボタン』って何に使うの?」
なんてことを言ったことがあるが、
その使い道が分かった。分かっちゃった。
こうやってネットカフェから更新してて、
途中まで文章書いて保存しときたい時なんかに使えるね。
なるほどなるほど。
「意味無いよな」的ないい方したけど、
自分がその立場になると大切さを実感するね。

でも僕は「非公開ボタン」使いませーん。
なぜなら書きっぱなしだから。
いや、実はもうすでに使ってる。
3本くらい、書いたままの文章が非公開になってる。
でも途中で終わってたり、見せられないような甘ーいポエムだったりしてね。(ウソ)

まあそんなわけで、のんべんだらりとやってきます。
早く自宅のパソコンでインターネットしたい。

---

さっきレンタルビデオ屋でビデオを借りてきた。
今日のラインナップ

ビデオ

・「タイムライン」
・「ゼブラ-マン」
・「シービスケット」
・「テキサス・チェーンソー」

CD

・「火の玉」ファイヤーボール
・「JUNKEE FOOD」UZUMAKI
・「ケツノポリス3」ケツメイシ
・「DON QUIJOTE」eastern youth

これらの映画・音楽の感想は多分書かないけど。
[PR]
by bakaboushi | 2004-12-17 06:51
大学
大学から更新。

いやね、本家サイトの日記にも書いたけど、
家のモデムさんがアレな感じになっちゃって、
自宅でインターネットできないのよ。
僕みたいなネチズン(この言葉初めて使った)には大変苦しゅうございます。
そんなわけで、大学の授業が終わった今、
構内のパソコンルームにてこう文章を書いている次第であります。
ってことで、今回は机の上の写真はアップできなかった。

なんで本家サイトにも書いたのに、
このブログにも家でネットができないことをわざわざ書いたかというと、
これだけ騒いでおけば、僕がサイトの更新を滞らせても、
これを見た人が「しょうがない、ちょっとだけ盛り上げてやるか」
ってなって、掲示板の書き込みとかしてくれそうじゃん。
掲示板の書き込みとかしてくれそうじゃん。
そうすれば更新が滞っててもそこそこ盛り上がってるみたいになるじゃん。
ええ。僕は自分のサイトを人に更新させるような人間です。
ごめんなさい。こんな僕を誰か叱って。掲示板に叱りの言葉を書き込んで。

ちなみに現在午後の8時。
パソコンルームにはまだ20人ほど学生がいる模様です。
あ。斜め前のヤツ、出会い系サイトにメッセージ書き込んでる。

そんなわけで僕も、現在こうして文章を書いてるわけですが、
パソコンルームが自習用に開放されるのが午後6時から。
僕が授業終わったのが2時半。ずっと待ってたわけですよ。
ちなみにウチの大学にはDVDを鑑賞できる視聴覚室みたいなのがあって、
そこでずっと、キューブリックの「シャイニング」見てた。
ジャックニコルソン、顔怖いよー。
それにしてもそのDVDルームのソフトの品揃えには不満だ。
誰もがみんな、「24」を見ると思うなよちくしょう。

僕がずっと希望してる「クリッター3」はいつ入ってくるんだろうか。

---

ZAZEN BOYSのドラマー・アヒトイナザワが
今年限りでバンドを脱退することが決定したらしい。

NUMBER GIRLのころから
彼のドラムに心酔してきたものとしては、とてもショックだ。
何も言えない。ここで僕が何かを言うってのも変な話だけどね。

年末、「COUNTDOWN JAPAN04-05」にて
ZAZEN BOYSとしてのアヒトの最後のライブがある。
僕は偶然チケットを取っていた。

たぶん、世界って偶然でできてる。
人が生まれることも偶然だし、
その人の人生も偶然の重なりで構成されていくんだと思う。
すごいバンドが生まれるのも偶然、それを目にしてしまうのも偶然。
偶然を続けようとしても、続くわけがないのだ。それは偶然なのだから。

ZAZEN BOYSは、CDで発表した楽曲を、
ライブではまったく違う曲のようにガラリとアレンジを変えて演奏するバンドだ。
そのライブでしか聴けないアレンジ。ライブの醍醐味だと思う。
偶然そこにいた人だけが聴ける音楽、共有できる空間。
ZAZEN BOYSは、そういう「偶然」のすばらしさを
僕のようなライトな音楽ファンにも分かり易く提示してくれるバンドだと思う。
4人のメンバーが練り上げた鋼鉄のサウンド。
その、最後のステージに僕は「偶然」立ち会えることになった。
少し寂しいが、かなり楽しみでもある。
彼らは年末、どんな偶然を見せてくれるのだろうか。

---

さて、最近めっきり明星ライクになっている
ロッキンオンジャパンテイストなファン作文を書いたところで
周りを見回してみると、学生は僕を含めて5人に減っている。
なのでそろそろ帰ろうかな。大学からウチまで2時間弱。めんどくせー。

ちなみに僕の斜め前のヤツ、まだ出会い系サイトやってる。
[PR]
by bakaboushi | 2004-12-06 20:38
疑問符
b0035829_420791.jpg

更新の間が開きまくり。

このブログサービス、記事を書くページに

「非公開」「コメント不可」「トラックバック不可」

の3つのチェックボックスがついている。
「コメント不可」や「トラックバック不可」というチェックはまあ分かるとして、
「非公開」という項目がイマイチよく分からない。
これにチェックを入れて投稿すると、他の人からは見えないようだ。
ってか、見えないようにしてどうするわけ?
まあ書いてる途中で保存したりするために使うというのだろうか。
だったらメモ帳に書いて保存しててもいいんじゃないだろうか。
公開出来ない文章を書いておくためなのだろうか。
そんなもの、ネットで文章書いてる人にはないっしょ。
どうなん、そこんとこ。

以上、小さな疑問でした。
ちなみに「トラックバック」の意味はいまだに分かっていない。
[PR]
by bakaboushi | 2004-12-01 04:27