週2回以上更新(目標)
by bakaboushi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ツナサンドなんです。それだけが望みなんです。
b0035829_25220.jpg

今更ながらアフターマンとか読んでる。
理由:表紙の絵がベルセルクに出てくる気持ち悪い怪物みたいだったから。

ipodから音が出なくなった。

3、4日前くらいから、曲がちゃんと再生されずに
勝手に次の曲にジャンプしてしまったり調子が悪かったのだが、
昨日あたりから、起動させると例のリンゴのマークのあとに、
ビックリマークのようなものが出るだけになってしまった。

でも僕は、まだ壊れたとは認めてない。
その証拠に、ipodに耳を当てると、
「キュイーン。キュイーン。」と
何かが回っているような(たぶんハードディスク)音がするのだ。
ほら、まだ動いてる。

生きろ!

それに壊れるって、何も出来なくなることじゃない?
画面にはまだビックリマークが出てるし。動いてるよ。
ってかさ、ドラクエの「データが消えました」的な
壊れてることを知らせる動作ってなんだか納得いかない。
本当は壊れてないんじゃないか?
風邪ひいたって言うけど、そのセキはウソ臭くないか?
本当は仮病使ってマラソン大会を休みたいだけなんじゃないか?
(僕が小学生の時、デブの本多君が
マラソン大会当日に風邪をひいて休んだことがある。
その時、みんな同じことを考えたはず。本人を除いて。)

最近の電子機器は本当に壊れやすいと思う。
僕が昔使っていたカセットテープウォークマンは、
何度か地面に落としたときにプラスチックの欠片のようなものが出てきたけど、
全く問題なく音楽を聴くことが出来ていた。
それなのに最近の若い衆は。
チャラチャラしてるくせに
ちょっと階段から落としたくらいですぐきゅいーんきゅいーん言いおって。
時代遅れかも知れないけど、根性論だって時には必要だと思う。
まあ、確かに地面に落としたのは1回や2回ではないと思う。
割とぞんざいな扱いをしてたことは認める。
毎日毎日朝晩酷使しまくった。
number girlのライブ版8枚を1日に2回転させた。

でもさ。だってさ。

そんなわけで、
今は「復活してないかなー」なんて何度も電源を入れたり消したりしてる。
もう、ほんとにお願い。
[PR]
by bakaboushi | 2005-09-28 02:34
梅宮辰夫のコロッケ的価値観
b0035829_46338.jpg

3連休が終わった。
僕はといえば、この2日間で20時間以上寝た。
すごいね、平日を睡眠不足を補って余りあるほど寝貯めしちゃったよ。
おかげで2時間後に仕事に行くのに今まだ起きてたりする。
そういう、たくさん寝てた連休となった。要するに出掛けてない。勿体無い。

「ターミナル」をレンタルして観た。感想。
なんか「電波少年」の猿岩石の企画があったけど、
旅をしていく過程で最初はでくのぼうの二人が
どんどんたくましくなってい様と、
この映画でのトムハンクスの役が僕の中で重なった。

あと「エレファント」も観た。
観客が求めてるのはリアリティであってリアルではないってこと。
時として監督の作りだすリアルと観客の求めるリアリティの間にすれ違いが生じる。
そんなことを感じただ。
でも、誰にでもこういうことを起こしえる
きっかけってのが世の中にはあるってことは伝わったけど。

最近映画館に映画を見に行ってないな。
自宅でレンタルビデオを借りてきて見るのと映画館に映画を見に行くのは全く違うと思う。
自宅だといくら屁をこいてもケツをかいてても平気だしね。
映画館に映画を見に行くのは、映画館に行くこと自体に意味が出てくると思う。
「映画を月に20本は見てます、レンタルビデオ屋に通って」ってのと
「月1・2本かな。ちょっと出掛け先で時間が出来た時とかね」っての、
どっちが教養のある人生なのかは僕には分からないけど。

そんなわけで、
会社の後輩と男2人で六本木ヒルズに行きクレープを食べて帰ってきて、
「俺は東京に関しては相当詳しいよ」なんて本気で言っちゃう先輩の話を聞いていて、
そういう経験値もアリなのかななんて思ったり思わなかったり。
六本木ヒルズで男2人でクレープを食べるとか、僕は絶対に嫌だけど。

ちょっと前に会社の同期と話していて、好きな女性のタイプの話になった。
僕は好きなタイプに「植物のような人」という項目を挙げた。
植物のような人。油っ気の抜けてる人?ギラギラしてない人?
なんかそんなイメージで言ったつもりだったのだが、
同期には全く理解されなかった。
そりゃそうだよな、その同期の好きな芸能人若槻千夏だし。
会社で自己紹介的な会話をするときに、好きな芸能人を聞かれることが多い。
でも僕は好きな芸能人って言われてもなかなか思い浮かばなくていつも困る。
最近テレビを全く見ないのと、
芸能人で好きなタイプって顔の話だよね、ってのがあるから。
植物のような芸能人って誰かいるかな。

先日買ったマイダーツを引っさげて、友人とダーツの勝負をしてきた。
結果は惨敗。
精神と時の部屋で修行して出直します。オラに元気を分けてくれ。

さて、今週もまたゴリラのように働いてくるかな。
[PR]
by bakaboushi | 2005-09-26 04:46
ロデオマシーンで首を鞭打ち
b0035829_3364383.jpg

サニーデイサービスのベスト盤なんて聴いてた。
曽我部さん最近たくさん活動してていい感じっすね。

姉がこの3連休、自分の子供を連れて実家に来ていた。
姉の子供は今年の7月に生まれたばかりの女の子だ。

前に本家の日記で「ホワイクライ」なんていう
人間の赤ちゃんバージョンバウリンガルのおもちゃについてちょっと書いたが、
赤ちゃんの気持ちが分かる道具が
本当に必要になるとしたらその親子関係は悲しい。
今日の昼、姉が「あ。おしっこした。」と言って5秒くらい経ってから、
隣の部屋で寝かしていた赤ちゃんが泣き出すのを見てそんなことを思った。
「体が離れていても心はいつも一緒」なんて、言葉に出してしまうと
スーパー地下フロアの夕方タイムセールよりも安っぽくなってしまうけれど。

僕の母親は僕が中学校3年の秋に知らない男の人と家を出て行った。
今頃何をしているのだろうかなんて全く知らない。
まともに離婚手続きもしないで飛び出して行ったもんだから、
保険証とかちゃんと手続きできるんだろうか。
大した事無くても、いつもどこか体の不調を訴えては
薬を飲んだり病院に行ったりしてたから、保険証が無くちゃ困るだろうな。
そのくせ駄菓子が大好きで粉のラムネを袋で買ってきてはいつも食べていた。
僕が小学生の頃にはもう、健康志向なのか駄菓子を禁止する家庭がちらほらあったが、
僕の家庭ではそんなこと全く無かった。
なんたって夕飯がインスタントラーメンだったり時にはそれすら無かったりする家だったから。
すでにいじめられっ子だった僕が、
休日に遊ぶ友達もいなく家にいるとき、
「散歩行く?」と言って自転車のカギと小銭しか入ってない財布を持って
僕のところにやってくる母の目は、
赤色2号や青色3号を摂取しまくった深みのある黒色をしていた。

ノスタルジーだとか、郷愁だとか、懐古だとか、コンプレックスだとか、感謝だとか、変わらない気持ちだとか。

夕方、僕はどうやら図面描いてる途中に机に突っ伏して寝てしまっていたようだった。
なんだか居間が騒がしいなと思って起きたら、姉の旦那さんが姉と子供を迎えに来ていた。
旦那さんは僕の、2ヶ月くらい掃除してない部屋を見てちょっとびっくりしつつも
いつも通り2、3言兄と世間話をしてから、姉と、2人の幸福の塊を抱えて帰って行った。

ipodから流れていた曲が、偶然にもサニーデイサービスの「若者たち」から
銀杏BOYZの「若者たち」に繋がった。

14、5年後、姉の子供がちょうど反抗期を迎えるころになったら、
一緒にクレープでも食べながら今日のおしっこ話をしてあげたいな。
「なにこのオッサン、きもーい。」とか言われちゃうのかな。
そしたらものすごい勢いで泣くまで怒ってやるんだ。
そんでその後にソフトクリームもご馳走してあげようかな。
僕がその時まで覚えていたらね。



---



マイダーツを買った。
前々から欲しいとは思っていたのだが、ついに勢いで買ってしまった。
やっぱり自分のモノって感じがいいね。
ものすごく上手くなったような気がする。
誰か勝負しましょう。
[PR]
by bakaboushi | 2005-09-20 04:53
モリゾー VS ムック フサフサ対決
b0035829_27586.jpg

机の上に新聞があるとか、なんか社会人っぽいでしょ?

そんなわけで3連休の初日、家で仕事してます。

僕は会社で特殊品のみ扱う部署に所属している。

木曜、僕の担当してた製品に不良が発生してると
組立の人に呼ばれて工場に行ったら、
僕の設計したものと違うものが納入されていた。
出荷は明日。
そんなわけで木曜から金曜まではその対応で会社で過ごした。
まあ、そういう部署。

前の日記にも書いた鉄人こと、僕の上司が体調を崩して入院した。
先週いっぱいはその対応で僕の部署の人たちが走り回った。
僕もその手伝いをしていたのだが、鉄人はやっぱりすごい。
普通僕の会社では設計マンが設計した製品の部品は、
資材部というところが手配してくれるのだが、
鉄人は自分の製品の部品を全部自分で手配していたのだ。
そんなこと、普通の人がやったらアッというまに潰れてる。
入院する前日も、「なんか腹痛いんだよねー」とか普通に話してたし。

その鉄人も無事退院し帰ってきた。
帰ってくるなり工場の人に呼び出されて消えた。

僕が木曜の夜中、一人で工場内で作業していたら
ふらふらと鉄人がやって来た。

鉄 「なにしてんの?」
僕 「ちょっと問題が出ちゃって。」
鉄 「あ、ほんとうだ。」
僕 「助けてくださいよ」
鉄 「後でね。これから俺もちょっとやらなきゃいけないからさ。」
僕 「何かあったんですか?」
鉄 「全部作り直し」
僕 「・・・」

僕が手伝いたい。
[PR]
by bakaboushi | 2005-09-18 02:08