2004年 12月 06日 ( 1 )
大学
大学から更新。

いやね、本家サイトの日記にも書いたけど、
家のモデムさんがアレな感じになっちゃって、
自宅でインターネットできないのよ。
僕みたいなネチズン(この言葉初めて使った)には大変苦しゅうございます。
そんなわけで、大学の授業が終わった今、
構内のパソコンルームにてこう文章を書いている次第であります。
ってことで、今回は机の上の写真はアップできなかった。

なんで本家サイトにも書いたのに、
このブログにも家でネットができないことをわざわざ書いたかというと、
これだけ騒いでおけば、僕がサイトの更新を滞らせても、
これを見た人が「しょうがない、ちょっとだけ盛り上げてやるか」
ってなって、掲示板の書き込みとかしてくれそうじゃん。
掲示板の書き込みとかしてくれそうじゃん。
そうすれば更新が滞っててもそこそこ盛り上がってるみたいになるじゃん。
ええ。僕は自分のサイトを人に更新させるような人間です。
ごめんなさい。こんな僕を誰か叱って。掲示板に叱りの言葉を書き込んで。

ちなみに現在午後の8時。
パソコンルームにはまだ20人ほど学生がいる模様です。
あ。斜め前のヤツ、出会い系サイトにメッセージ書き込んでる。

そんなわけで僕も、現在こうして文章を書いてるわけですが、
パソコンルームが自習用に開放されるのが午後6時から。
僕が授業終わったのが2時半。ずっと待ってたわけですよ。
ちなみにウチの大学にはDVDを鑑賞できる視聴覚室みたいなのがあって、
そこでずっと、キューブリックの「シャイニング」見てた。
ジャックニコルソン、顔怖いよー。
それにしてもそのDVDルームのソフトの品揃えには不満だ。
誰もがみんな、「24」を見ると思うなよちくしょう。

僕がずっと希望してる「クリッター3」はいつ入ってくるんだろうか。

---

ZAZEN BOYSのドラマー・アヒトイナザワが
今年限りでバンドを脱退することが決定したらしい。

NUMBER GIRLのころから
彼のドラムに心酔してきたものとしては、とてもショックだ。
何も言えない。ここで僕が何かを言うってのも変な話だけどね。

年末、「COUNTDOWN JAPAN04-05」にて
ZAZEN BOYSとしてのアヒトの最後のライブがある。
僕は偶然チケットを取っていた。

たぶん、世界って偶然でできてる。
人が生まれることも偶然だし、
その人の人生も偶然の重なりで構成されていくんだと思う。
すごいバンドが生まれるのも偶然、それを目にしてしまうのも偶然。
偶然を続けようとしても、続くわけがないのだ。それは偶然なのだから。

ZAZEN BOYSは、CDで発表した楽曲を、
ライブではまったく違う曲のようにガラリとアレンジを変えて演奏するバンドだ。
そのライブでしか聴けないアレンジ。ライブの醍醐味だと思う。
偶然そこにいた人だけが聴ける音楽、共有できる空間。
ZAZEN BOYSは、そういう「偶然」のすばらしさを
僕のようなライトな音楽ファンにも分かり易く提示してくれるバンドだと思う。
4人のメンバーが練り上げた鋼鉄のサウンド。
その、最後のステージに僕は「偶然」立ち会えることになった。
少し寂しいが、かなり楽しみでもある。
彼らは年末、どんな偶然を見せてくれるのだろうか。

---

さて、最近めっきり明星ライクになっている
ロッキンオンジャパンテイストなファン作文を書いたところで
周りを見回してみると、学生は僕を含めて5人に減っている。
なのでそろそろ帰ろうかな。大学からウチまで2時間弱。めんどくせー。

ちなみに僕の斜め前のヤツ、まだ出会い系サイトやってる。
[PR]
by bakaboushi | 2004-12-06 20:38